FC2ブログ

プロフィール

sunsun

Author:sunsun


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


スポンサードリンク
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
DATE: CATEGORY:健康
紫外線をたっぷり浴びる季節になってきましたね。

紫外線対策は夏だけでいいと思っていませんか。

紫外線は一年中浴びています。
私たちが一生に浴びる紫外線の半分以上は、18歳までに受けるといわれています。子供だから問題ないわけではなく、紫外線対策に年齢制限はありません。
生まれたばかりの赤ちゃんでも、外出の際は、肌を露出しないことが大切です。

現在では、アスファルトの道路がほとんどですね。
地面から反射する紫外線にも気配りが必要です。子供にも、しっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

子供の肌は、大人よりも触るとやわらかく、みずみずしく見えますが、
表面は、けっこう乾燥していることが多いので、子供の肌の保湿にも気を遣いましょう。保湿剤の上に日焼け止めを塗るほうがよいでしょう。

5月の紫外線は、気温が夏のように高くないので、油断してしまいますが、実は、紫外線量が多く、いきなり、浴びると、やけどのように赤くふくれて、皮膚障害を起こしてしまう場合もあります。

これからの季節は、特に注意してあげましょう。


皮膚の老化は、年齢によるものと、光による光老化があります。
光老化は、皮膚だけに出てきます。紫外線のあたる部分に現れてきます。光老化は紫外線を避けることで、防ぐことができますね。

紫外線は皮膚がんの原因になるともいわれています。
紫外線対策は、皮膚がんの予防にもなります。
紫外線の強いオーストラリアなどでは、子供の頃から、紫外線対策はしっかりしていて、子供に日焼け止めを塗るのは、当たり前です。

こんがり焼けた真っ黒な皮膚の子供が健康的というのは間違いで、紫外線対策をしっかりして、外で遊ばせるのが、子供の皮膚を守ることになります。

男性は、特に、何もケアしていない人が多いですが、皮膚がんの約8割は、長期間浴びてきた紫外線が原因といわれています。
男性のほうが、皮膚がんの発症が多く、子供のころから、日焼け止めを塗る習慣があると、大人になっても、抵抗なく、紫外線対策ができますから、お子さんに習慣づけるようにしましょう。


スポンサーサイト

copyright © 美容・健康に紫外線対策 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。